このページの本文へ移動
地域経済経営ネットワーク研究センター Research Center for Economic and Business Networks

センター長あいさつ

吉見 宏 センター長

地域経済経営ネットワーク研究センターは,2011年に大学院経済学研究科内に設置されました。以来,大学院経済学研究院改組を経て,本センターは,地域に根ざした経済および経営の研究とその成果の発信を続けてまいりました。
いうまでもなく,北海道は日本の北端に位置し,日本の「地方」を代表する地域といえましょう。しかし,目を世界に転ずれば,北海道は世界の中の地域ではあっても,「端」という意味の地方ではありません。まわりには多くの経済圏があり,そして経済にも経営にも国境はありません。グローバルな視点で地域研究を行うことは,今一層求められていることだと考えます。それは,経済や経営の諸問題については,特に強調されるべきことでしょう。本センターの研究課題も,まさにそこにあります。
地域研究のためには,経済と経営,そしてより広範な関連分野の研究に目配りをし,さらに地域で活動されているさまざまな方々との連携,交流は欠かせません。そのようなネットワークの構築もまた,本センターの目的の1つです。経済学研究院に所属する研究者はもちろん,学内の他組織の研究者や,学外の研究者及び実務従事者を含めたネットワークの中核となって,研究の場としても実践の機会としても役割を果たしていきたいと考えております。
本センターでは,これらの目的の遂行のために,定期的な研究会やシンポジウムを開催しております。学内外の皆様のご参加も歓迎いたしますので,各研究会やシンポジウムのテーマにご関心がある研究者や地域で活動されている方々は,当センターまでお問い合わせください。あわせて,皆様の本センターへのご支援とご協力をお願い申し上げます。

2020年4月 吉見 宏